明治(meiji)アイスに賞味期限が表示!?いつから表示される!?今までのアイスの賞味期限は!?

あなたはアイスに賞味期限がないって知っていましたか??

実は私はぜんぜん知りませんでした 驚!!

口に入るものはすべて賞味期限があるものだと思っていました・・・ 汗

株式会社 明治(meiji)が市販のアイスクリームに賞味期限表示すると発表いたしました。

冷凍で保存されているとはいえ、アイスにも賞味期限があるものと思い込んでいました!!

そこで、今回は、明治のアイスの賞味期限について、いつから表示されるのか?今までのアイスはの賞味期限は?についご紹介していきます。

題して「明治(meiji)アイスに賞味期限が表示!?いつから表示される!?今までのアイスの賞味期限は!?」です。

それではいってみましょう~♪



明治(meiji)アイスに賞味期限が表示される!?

2020年1月22日(水)に明治(meiji)がアイスに賞味期限を表示するとは発表しました。

今までなかったんですね?

と思い自宅の冷凍庫を見てみましたが、季節的に常備していなくて確認できませんでした 汗

アイスクリームの賞味期限はどうなっているのか

アイスクリームや氷菓は冷凍保存されているため、温度管理を適切に行なえば品質の劣化が少なく、非常に長期の保存が可能になるので、賞味期限の表示を省略できることになっています。
むしろ、品質保持に関しては、保存する期間よりも温度管理を適切に行なうことがとても重要となります。
そのため、お客様の手元に届くまでは「-18℃以下」で管理されるようになっており、適切な管理状態であればいつまでも美味しく食べることができます。しかしながら、ご家庭の冷蔵庫の冷凍庫で保管する際は、とびらの開閉による温度変化が大きく、品質劣化が早まることが想定されます。美味しく食べて頂くためには、お買い上げの後なるべく早めにお召し上がりいただくことをお勧めいたします。

引用:グリコ 公式ホームページ

他のお菓子メーカーのグリコでもアイスの賞味期限は省略できると書いてありました。

その他の会社のアイスの賞味期限は省略されているのだと思われます。

2020年になってアイスに賞味期限が表示されたのか?

2020年になってなぜアイスに賞味期限が表示されたのでしょうか?

それは、明治(meiji)の会社の取り組みが大きく関係していました。

明治(meiji)のグループ理念が

「『おいしさ・楽しさ』の世界を拡げ、『健康・安心』への期待に応えてゆく。『お客さまの気持ち』に寄り添い、日々の『生活充実』に貢献する。」に基づき、全社的な取り組みとして「食の安全・安心」への期待に応えていくことを進めています。明治グループサステナビリティ2026ビジョンにおいても、「安全・安心」の確保はさらに強化する領域です。

引用:明治(meiji) 公式ホームページ

消費者目線となったグループ理念は素晴らしいですよね。

時代は令和となりましたが、平成の時代にたびたび、食の偽装問題や、賞味期限の書き換えなどの食への不安なニュースがちょくちょく流れましたよね。

このようなニュースが流れるたびに、規制され、今まで食べられたものが食べられなくなったりと言うこともありましたよね。

私たち消費者はお店で売っている食べ物は安全という考え方が変わってしまったということですよね。

そう考えると、アイスには賞味期限がないのであれば、賞味期限が気になるのは当然ですよね。

スーパーやコンビニに置いてあるアイスはどれくらいの期間おいてあるのだろうと考えると・・・ですよね 汗

明治(meiji)社への問い合わせでアイスクリームの賞味期限に関する問い合わせ件数が年々増加していたそうです!!!

ここで、明治(meiji)社のアンケート調査によると

75%が賞味期限表示があるアイスクリームの方が「安心感がある」、67%が「賞味期限の表示を希望する」と回答結果となったようです。

食品への安心はここ近年、さらにに重要視されているポイントとなっているようですね。



明治(meiji)アイスに賞味期限はいつから表示される!?

では、いつからアイスに賞味期限が表示されるのでしょうか?

今回、アイスに賞味期限を表示すると発表したのが明治(meiji)社だけです。

明治(meiji)社は2020年6月より順次賞味期限を表示すると発表しました。

まず、対象となるのが明治(meiji)社の売れ筋商品である「明治 エッセル スーパーカップ」です。

賞味期限は2年としているようです。

(根拠としては海外のアイスの賞味期限が2年ということを参考にしたようです)

そのあと、2021年4月ころまでに約30品目すべてに賞味期限の表示を実施していくそうです。

特に2020年は東京2020オリンピック・パラリンピックがありオリンピックの開催月は7月となっていますよね。

ここ数年の日本の夏は暑いのでアイスはとても売れ行きがいいと思います。

そこで、しっかり賞味期限が表示されれば安心して食べることが出来ますよね!

今までのアイスの賞味期限は!?

では、今までのアイスの賞味期限はどうなるのでしょうか???

アイスクリームはマイナス18度以下で保存していれば細菌が増殖せず、長期間保存しても品質変化は極めてわずかであることから、食品表示基準の規定において、賞味期限表示の省略が認められており現在、日本国内においては、アイスクリームに賞味期限の表示はほとんどされていません。

引用:明治(meiji) 公式ホームページ

とあります。

ようするに、表示の必要がないところに、明治(meiji)社が賞味期限の表示をはじめたことになるので今までのアイスクリームに関しては賞味期限はありません。

6月までは特段変わりはないと思います。

ただ、お店によっては在庫処分のため、安売りを行ったりする場合も考えられます。

4月~5月は明治(meiji)社のアイスの特にスーパーカップシリーズは安売りの可能性はあるかもしれませんよね。

いままで問題がなかったので安売りしていれば、購入するのもアリだと思います。

これで今後、明治(meiji)社以外の会社の動向も気になりますよね!

今後他社も、同じように発表してくると考えられますので今後の発表に期待ですよね。



まとめ

今回は「明治(meiji)アイスに賞味期限が表示!?いつから表示される!?今までのアイスの賞味期限は!?」ということでお送りしてきましたが、いかがだったでしょうか?

食の安全という言葉が最近よく聞くようになってきましたが、まさか賞味期限が表示されていない食べ物があるなんて、ビックリでしたよね 驚

このような取り組みは消費者である私たちにとって安心して、食べることのできるありがたい取り組みですよね。

安心して食べられるって本当に大事なことですね。

今年は東京2020オリンピック・パラリンピックが開催されますよね。

ぜひ、安心安全の日本のアイスクリームを海外の方も楽しんでもらいたいですよね。

この記事があなたにとってお役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です