【子ども編】小学校お受験の好印象な服装は!女の子の場合は!男の子の場合は!?注意点は!?

お受験といえば主役の子供の服装がとても気になりますよね!

もちろん、お子さんの服装でお受験の合否が決まるというわけではありませんが、人は初めて見たときの印象というものはとても重要です。

面接していただく先生方も例外ではありません。

親の気持ちとしてはお子さんが入学できるように面接いただく先生に好印象を与えたいですよね。

この、お受験の結果でこどもの人生が変わるといっても過言ではありません。

そのため、お受験当日まで準備してきたハズですよね!

面接をしていただく先生方も一日に何人もの子供を見ますよね。

面接の内容もしっかり聞いていただくためにも、お子さんの第一印象を好印象にすることは重要ではないでしょうか!!!

今回は、お子さんの小学校のお受験で好印象の服装や注意点について紹介していきます。

題して『【子ども編】小学校お受験の好印象な服装は!?女の子の場合は!?男の子の場合は!?注意点は!?』について紹介していきます。

それではいってみましょう~♪



【子ども編】小学校お受験の好印象な服装は!?

お受験で面接官の先生に好印象を持っていただく服装は、基本的には派手にならなりすぎないことです。

やはり、お子さんのお受験ですので少しでも目立つ格好と思うと周りから浮いてしまいます。

重要なのは、清潔感があり、品があると印象を持ってもらえること。

きっちりしているお子さんと第一印象を持っていただけます。

人の第一印象は3~5秒で決まるといわれています。(メラビアンの法則より)

第一印象を決める3大要素があります。

第一印象を決める3大要素

①視覚情報 55%

②聴覚情報 38%

③言語情報 7%

視覚情報は55%と半分以上を占めています。

そこで、好印象を持っていただくためにもベーシックな色で統一することでバランスがよくなりオススメです。

また、出来る限りカジュアルな服装は控える方が無難です。

好印象をもってもらうためにも、志望する小学校の校風、雰囲気を徹底的に調べましょう。

学校の校風や雰囲気にあっていると第一印象を持ってもらえれば、面接官の先生の印象に残ります。

多くのお子さんが受験に来ますよね。面接官の印象に残るためにも学校に合った印象や雰囲気をもった服装や髪形を選ぶことが重要です。

なかなか、校風と言ってもわかりにくいかもしれません。

その場合は過去のお受験をうけた先輩家族がどんな服装でいったかのを調べてみるのも参考になります。

女の子の場合の服装は!?

実際、お受験の女の子の具体的な服装のご紹介です。

パターンA

【白いブラウス】【ジャンパースカートorワンピース】【ジャケット】【白いソックス】【革靴】

パターンB

【白いブラウス】【スカート】【ジャケットorボレロ】【白いソックス】【革靴】

ジャケットなどの色は紺色を選ぶ方がいいです。

男の子の場合の服装は!?

実際、お受験の男の子の具体的な服装のご紹介です。

【半袖ポロシャツ】【パンツ】【ベスト】【白いソックス】【革靴】

ベストなどの色は紺色、グレー、黒など無難な色を選ぶ方がいいです。

女の子も男の子もジャケットやベストなど紺色を使うのもいいと思います。

パパ、ママの服装も紺色を選ぶと家族で統一感がでて、家族で受験に臨んでいるという印象を持ってもらえます。

必ず、お子さんの体にぴったりと合った服を選ぶことが重要です。

きっちりとした印象を持ってもらうためにも、お子さんのサイズに合った服を選んでくださいね。

スポンサーリンク



注意点を紹介

服装の注意点

カジュアルな服装は控えた方が無難です。

特に難関小学校の場合は、服装で減点なんてことも考えられます。

可能性ですが面接は印象が重要です。

一番はしっかり試着して、お子さんのぴったりのものを選びましょう♪

服装で減点対象にならないように、ぜひ事前に準備できるので準備しておきましょう。

購入タイミング

早い段階でお子さんに似合っていたり、気に入ったものがあったとしても、夏ごろに購入したりするともしかしたら、面接当日にサイズが少しきつくなるかもしれません。

店舗ではオールシーズンのものがあるかもしれませんが購入はお受験当日から1~2か月前にしておいた方が無難ではないでしょうか。

持ち物チェック

上履き、下足袋、筆記用具、替えの靴下、替えのシャツ、タオル、水筒、お菓子などです。

下足袋はつい忘れがちなのでしっかり持っていきましょう。



まとめ

今回は『【子ども編】小学校お受験の好印象な服装は!女の子の場合は!男の子の場合は!?注意点は!?』について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか!

服装の印象を中心に伝えてきましたが、お受験の服装のチェックをしているわけではなく、お子さんの家庭環境、ママ、パパも家庭環境やお受験の考え方などを服装から読み取ります。

家庭の考え方やしつけなども服装から勝手に判断されてしまう可能性もあります。

面接官の先生はいままで何百人と面接をこなしてきています。

学校や面接官の先生の判断基準があると思いますので、服装もしっかり準備していってくださいね。

お子さんの夢ある未来のために、面接で好印象を持ってもらうようにしていきたいですよね。

この記事があなたとお子さんのために役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

ユウヒ
2児のパパで子育て奮闘中です。 子どもが大好きなので電車に乗ったり、バスに乗ったり ドライブしたりといろんなところに出かけています。 子育ての悩み、子どもとどう接していくかの日々の悪戦苦闘による解決方法を書いていきます。