子供や孫が喜ぶプレゼントと選び方!?人気の知育玩具ボーネルンドも使えるサブスクリプションは!?

お子さんや、お孫さんが生まれると服におもちゃにととにかく、お祝いをしてあげたいですよね

でも、服はいろんな人からもらうし、子供の成長は早いのでと考えると、別のものでバックや帽子、くつ等かんがえますが、服と同じで成長とともにすぐに使えなくなってしまいます。

せっかく、プレゼントするのだから喜んでもらいたい!!がプレゼントする側の気持ちではないのでしょうか。

プレゼントした後に、使ってないのかな?とか考えたり、言いにくいですが『あれどうしたの?』もう着れなくなったや履けなくなったなどと言われると少し残念におもいませんか!?

プレゼントするのだから少しでも長く愛用してもらい、子供のお気に入りなんです!と言われるとすごくうれしいですよね!

今回はお子さんやお孫さんが喜んでくれるプレゼントや知育玩具もサブスクリプションを使うメリットを紹介していきます。

今回は『子供や孫が喜ぶプレゼントと選び方!?人気の知育玩具ボーネルンドも使えるサブスクリプションは!?』です。

それではいってみましょう~♪

スポンサーリンク



子供や孫が喜ぶプレゼントと選び方!?

子供やお孫さんが喜ぶプレゼントを選ぶ基準ですが、子供を観察することにつきます。

お家におよばれした時や、遊びに来てもらったとき、カフェなどでお茶するときなどお子さんと会うきっかけがある時にしっかりリサーチしましょう。

あなたも、プレゼントされて『センスいいなぁ』と思う場合と、普通に『うん、ありがとう』と思う場合がありませんか?

この違いってなんだと思いますか?

これは相手のことを考えることが出来る人のだと思います。

今までのプレゼントした経験はありませんか?

たとえば、お土産で考えてみた場合

お土産やさんに売っている特産品を買って帰ります。

普通に『うん、ありがとう』と言われますよね。

でも、『○○店の特産品はすごくおいしい』と先にリサーチしておけば、相手からすごくよろこばれます。

それは、相手のことを思ってプレゼントしているからです。

そこで!相手が喜んでもらえるプレゼントの選ぶ考え方は具体的にはこう考えます。

具体的には
  1. 相手が欲しいと思っているもの
  2. 相手があったらいいな、便利だなと思うもの
  3. 自分の知らない世界を教えてもらったとき

いまから、子供の年齢別に考えていきたいと思います。

0歳~2歳

生まれたての子供の場合は、何が好きだとかはわかりませんよね。

この時は、子供というよりは、親の欲しているものをリサーチしましょう。

親の雰囲気や着ている服の雰囲気をイメージを考えて、服やくつなどを選びましょう。

どうしても、生まれたてはお子さんの意思はなく、親の気に入ったものが優先されます。

ベビーカーや抱っこひもなども、そうです。

赤ちゃんはただベビーカーに乗せられたり、抱っこひもでだっこされたりと、されるがままなのでそこに意思はありません。

あるのは、赤ちゃん自身が快適化どうかだけです(快適でなければ泣きます)

3歳~5歳

この3歳~5歳といった時期なってくると、言葉も覚え、意思疎通が出来始めます。

自分が好きなものや好きな色などもいえるようになってきます。

この時は、お子さんが一番興味を持っているものをリサーチします。

私の息子であった実際の話です。

私の息子は電車が大好きでプラレールのおもちゃでよく遊んでいました。

友人が遊びに来てくれて息子と遊んでくれていました。

そして、息子は自分の得意分野であるプラレールを紹介し、電車の名前を言って得意げでした。

私はその時、またやってるわ 笑

と思ってみていました。

毎日、息子が私にしていることをだったので、遊んでくれてありがとうとお礼を言って、友人は帰っていきました。

後日、友人が息子の誕生日プレゼントにとプラレールを買ってきてくれました。

しかも、うちにないプラレールをプレゼントしてくれました!!

もちろん、子供はとても喜びました。

よく持っていないことを知っていたねと尋ねたところ、息子の第三希望まで聞いていたとか!?

そして、私が、第三希望までは買わないと考えていたからと言われました。

小さい子供にまでここまで聞けるようになるには、なかなか難しいですよね。

でも、意思疎通が出来るようになったお子さんはにはここまで聞き出すというのは可能だということでした 驚

小学生以上

小学生以上からは欲しいものがだんだん、グレードアップしてきます。

しかも、相手の親の教育方針がありますから、欲しいおもちゃを簡単に買ってくるわけにはいきませんよね。

普段身に着けるもので、あったらいいなというものがいいと思います。

小学生以上からは、スマホを持つこともあります、スマホのケース。

小学生で使う文房具で少しオシャレなシャーペンや筆箱など。

または、地球儀や、天体観測の望遠鏡など少し、あったら便利だっけど、家庭では買わないといったものを選ぶのも一つの選択肢となります。

ただし、親とお子さんで誕生日に買ってもらう約束をしていることもありますので、しっかり聞いておかないとカブってしまうことがあります。

親やお子さんからしっかり聞き取っておくことが重要です!!

とここまでは、お子さんとの話す機会があれば聞き取って、相手の欲しい物、あったらいいなというものをプレゼントすることが可能です。

スポンサーリンク



人気の知育玩具ボーネルンドも使えるサブスクリプションは!?

今まで、お子さんと会って話すことができた場合のお子さん、お孫さんの欲しいものをプレゼントすることが出来ました。

でも、普段なかなか会うことが出来ない、話す機会がない場合はなかなか難しいですよね。

たまに、電話で話したり、ZOOMなどで、はなしたりしても手掛かりは少ないものです。

 

そんな時でも外さないのが知育玩具です。

幼児教育には欠かせない、いまや生まれたてのお子さんでも知育玩具で遊んでいます。

赤ちゃんがこんなボールを握りしめているのを見たことがありませんか?

これも立派な知育玩具ですよね。

親であれば、自分の子供を賢い子供になってもらいたいと思いますよね!

知育玩具であればプレゼントされた親もうれしいハズです。

あなたは知育玩具もらったらどうですか?ありがとうと言う気持ちになりませんか。

しかも、知育玩具って一つ一つがいいお値段がします。

そんな中、有名メーカーの知育玩具をプレゼントされれば『おお、○○のおもちゃ!』と思いませんか!!

ここで、プレゼントをするお子さん、お孫さんの情報が少なくても、人気の知育玩具をプレゼントしてあげることができます。

知育玩具はどれもよく作らています。

でも、価格の高い知育玩具は子どもから見ても目をひきます。

そして手に取って遊びだします。

人気がある知育玩具はそれだけ、魅力のあるものなのだということがわかります。

そんな人気の高い知育玩具ボーネルンドも月額で遊べるサブスクリプション(サブスク)があります。

その名もキッズ・ラボラトリーです!!

1日わずか、78円。おもちゃが期限なしで使い放題【キッズ・ラボラトリー】 おもちゃの使い放題がすごくないですか!?

あの有名なボーネルンドくもん式の知育玩具を使うことが出来ます。

また、『おもちゃコンシェルジュ』がいるので今、持っているおもちゃや興味のあるおもちゃなどお子さんの状況を聞くことで、お子さんに今最適のおもちゃを考えてくれるサービスもあります。

お子さんが、どういう(成長にあった)おもちゃがいいかは、わかりにくいですよね。

このわかりにくい部分をプロのコンシェルジュにお任せして、あなたはお子さんの喜ぶ顔をみることに専念できます。

 

8月だけのキャンペーンでしたが、今をときめく、将棋の藤井聡太8段が幼少の頃、遊んでいた超高級積み木の『キュボロ (cuboro) 』も限定で遊ぶこともできます。

8月だけのキャンペーンでしたが、今後、使用できる可能性もあるのでたのしみです。

 

お子さんやお孫さんを賢い子供に育てたいという思いは親であればみんな同じだと思います。

お子さんの成長速度はとても速いです!!

その成長にあった知育玩具を使用することでお子さん、お孫さん成長が大きくつながってまいります。

お子さん、お孫さんの将来のためにも、いろんな知育玩具で遊ぶことが重要ですね!



まとめ

今回は『子供や孫が喜ぶプレゼントと選び方!?人気の知育玩具ボーネルンドも使えるサブスクリプションは!?』について紹介してきました。

知育玩具までサブスクリプションで使用できるしかも、人気の知育玩具のボーネルンドやくもん式まで使用できると考えると、お試し感覚で使えますよね。

子供は正直です。

楽しくないものは、ハッキリと言ってくれます。

せっかく買った知育玩具も遊んでもらいたいですよね。

失敗しないためにも、月額制のサブスクリプションでお子さんの様子を見て気にっているなら買い取りをするなどの選択肢もできます。

お子さんを賢い子供に育てるためにも、お子さんの今をしっかり見てあげてくださいね!

この記事があなたにとって、お役にたてれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

ユウヒ
2児のパパで子育て奮闘中です。 子どもが大好きなので電車に乗ったり、バスに乗ったり ドライブしたりといろんなところに出かけています。 子育ての悩み、子どもとどう接していくかの日々の悪戦苦闘による解決方法を書いていきます。