MacBookでWindowsを使う方法!?ParallelsとBootCampのメリットデメリットを紹介!!

MacBookはとてもおしゃれですよね。

しかも、最近はiPhoneをもつ人が多く、iPhoneのバックアップなど互換性が高いのがOSが同じMacBookですよね。

でも、大学や、仕事でWindowsを使うので泣く泣くMacBookをあきらめていませんか!?

そんな方に朗報です!

なんとMacBookでもWindowsを使用する方法があります。

しかもとても簡単です!

今からMacBookでWindowsを使う方法!?ParallelsとBootCampのメリットデメリットを紹介していきます。



MacBookでWindowsを使う方法!?

MacBookでWindowsを使う方法ですが。

2つあります。

【Parallels】のメリット or デメリット

【Parallels】をダウンロードするです 。

【Parallels】というソフトは Macの中にWindowsの仮想環境を作り出します。

 

メリットはclick一つですぐに切り替えられることです。

高性能なソフトでストレスなく、切り替えてすぐにWindowsを使うことが出来ます。

 

デメリットは有料であることです。

無料トライアル版があるので必ず一度、試してから購入することをオススメします。

切り替えが簡単なうえにストレスなくMacbookでWindowsを使うことが出来ることに納得いただけると思います。

 

【Parallels】のMacへのダウンロード方法は こちらで確認してみてください。

参照:PC設定のカルマ

 

とてもわかりやすいです!!

Windows10のライセンスが別途購入が必要です!

ご注意ください。

MacでWindowsを使えるソフトウェア【Parallels】公式サイト


 

BootCamp の メリット or デメリット

BootCampアシスタントはAppleが提供している無料のWindowsの切り替えソフトです。

 

メリットはやはり無料ですね。

デメリットは【Parallels】と違い仮想環境を作らないので

Mac ⇒ Windows

Windows ⇒ Mac

と切り替えのたびに再起動が必要です。

ということで、Macの作業をしながら、Windowsを使うことが出来ません

 

BootCampアシスタントを利用する時の注意点
  • Windows10をインストールが必要
  • MacBookAirとMacBookProは2012年以降の発売したものであること
  • Macで起動するためにWindowsをインストールするために64GBの容量が必要

です。

Boot Camp アシスタントで Mac に Windows 10 をインストールする方法はこちらを確認してください。

Appleの公式サイトなので、手順に沿ってインストールできます。

Parallels or BootCampともにWindowsのライセンスが必要です!!

ご注意くださいね。

まとめ

今回は『MacBookでWindowsを使う方法!?ParallelsとBootCampの違いを紹介!!』ということで紹介してきました。

いかがだったでしょうか!?

MacBookはとてもオシャレです。

誰もが一度は使用してみたいを思うと思います。

でも、大学や企業がWindowsを採用しているところがまだまだ多いので、あきらめる人も多かったはずです。

でも、このParallelsがあれば、愛用のMacBookでWindowsが使えるようになります!!

ParallelsでMacBookの世界が変わりますよ!

この記事があなたにとってお役にたてれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です