頑張りすぎる子育て!!しんどい、辛いを「楽しい」に変える方法!?

こんにちは!!子育てに奮闘中のママ、パパはいつも本当にお疲れ様です。子供の成長を感じる毎日ですが、毎日大変!!の一言につきます。でも子供の成長は待ってくれませんし、成長ごとにいろいろな心配ごとがありますよね。

生まれたばかりだと、母乳が出ない、体重が増えなくて心配。

1歳くらいだと、夜泣きがひどい、離乳食を食べないで心配。

2歳くらいだとイヤイヤ期でかんしゃくがひどくて、お友達をたたいてしまう。ガーン

と2歳まででも子供への不安であなたが落ち込んでしまったりしてまんせんか?

頑張りすぎるあなたを楽にするコツを3つ紹介したいと思います。

題して「頑張りすぎる子育て!!しんどい、辛いを「楽しい」に変える方法!?」

それではいってみましょう~♪

完璧を目指さない様にする

一生懸命に頑張るあなたは、なんでも完璧にやろうとしてしまってませんか?

潜在的に完璧を目指してつい子供にキツく言ってしまったりしてませんか?

また、「わたしが」「わたしが」と力が入っていると周りもどう手助けをしていいかわからないと言うか手が出せない状態で○○ママ、○○パパなら大丈夫という状況になってしまいがちですよね。

あなたが周りに負担をかけないようにと思って頑張っていることが逆効果となっていることもよくあります。

自分でなくてもよい事を、家族や同僚にお願いしてみましょう!
たまには仕事(家事全般)を放棄してみる。1日遊んだり、寝たりしてみる。
One Point

1日お皿や、洗濯を放置しても問題ありません。

ただ、家族には一言伝えておいたほうがいいと思います。ただグータラしていると思われたら嫌ですもんね

自分も悪いなと感じたときは、子供にもしっかり謝りましょう!

子育てをしていると、一瞬の感情で今のは間違ってたな、言い過ぎたなと思うこともありませんか!!わたしはちょくちょくあります。汗

こどもに早く寝なさい!!と言った後、ついテレビを見てくつろいでしまったり。と、子どもに示しがつきませんよね。汗

そんな時に、自分が間違っていたな~、こどもに示しがつかないなと気づいたら、かっこ悪いかもしれませんが、思い切って明るく「ごめんね」と謝ってしまいましょう!!

One Point

自分の間違いを認めた親の姿を目にすることで、こどもは今まで以上に親のまねをしていくことでしょう。

そして、自分も間違ってもいいんだ!間違ったらしっかり謝ればいいんだと安心感を持つことが出来きると思います。

現状の自分を見せられる相手を見つける

イライラや落ち込むといった感情は、あなたの中でどんどん大きく増えていきます。

かといってそのままにしていれば溜りに溜まった感情が爆発してしまいます!!そうなると子どもや家族や協力いただいている周囲の方々にも迷惑がかかってしまうことがあります。

感情が爆発することは本来ストレスをためないためにも大事なことですが溜りに溜まった状態での大爆発してしまうことがよくありませんよね。そうなる前にあなたが気軽に話せる相手や気分を落ち着ける場所を見つけてみましょう!

家族など、普段から距離感が近いと相手ももちろん大事ですが、専門的な知識をもっている非営利で話を聞いてくれるカウンセリングサービスなどもあります。あなたがお住まいの自治体が開催する育児相談やネット相談、電話相談を活用してみませんか。たくさんの相談に乗ってきた経験のある方がいらっしゃるので、状況に応じて適切なアドバイスをしてくれるはずです。

子育ては誰かに教わることもなく自己流がほとんど。知らない知識をカウンセリングで得られることも大いにありますし、普段モヤモヤしていることも解決の糸口が見つかるかもしれません。

まとめ

子育てをしていると後ろ向きなことを考えてしまったりして悩んだりしてしまうことが多いですよね。

でも、それだけ思い悩んでいるということはわが子を思う愛情の裏返しです。こどもは一番身近なママ、パパの姿を見て育ちます。頑張りすぎるママ、パパではなく自然体なママ、パパでいるためにも、快適に過ごす場所や気持ちの切り替え方法を身に着けておくことで子育てのつらいを楽しいに変えていけると幸いです。

この記事があなたにとって少しでも役に立てばうれしいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です