【英語教育が変わる】子供が英語を話せるようになるには親の英語力が必要!?話すための3つの方法!?

2020年から小学校3年生から必修科目となりました。

日本も英語を小学校の低学年から勉強することになりました。

世界のグローバル化がすすんで、国も本気で英語を話す必要があるということです。

英語教育は中学、高校、大学までの10年ほど勉強しても、英語で話すことはなかなか難しいです。

話すだけでなく、聞き取りもほとんどできません 涙

なぜこんなに勉強しても英語が話せないのか!?

実は子供が英語を話せるようになるには親の英語力が必要なのです!!

英語で話ができるための3つの方法!?を紹介します。

それではいってみましょう〜♪

スポンサーリンク




【英語教育が変わる】子供が英語を話せるようになるには親の英語力が必要!?

子供が英語を話せるようになるには親の英語力が必要です!!

理由は今、あなたのお子さんが日本語を話しているのはなぜだと思いますか?

親であるあなたの言葉を毎日聞いていたからです!

あなたはお子さんに色々な言葉をなげかけたハズです。

お子さんはあなたの言葉を毎日聞いて、どんどん吸収していったので言葉を話すようになりました。

 

英語は日本語と同じ言葉です。

日本語を学んだ時と同じように早い段階で英語を学べば英語を話せるようになると考えますよね。

親である私は英語が話せないので幼児教育の英語スクールに子供を入会させます。

最近は、幼児教育の英語塾では外国人の先生がネイティブな発音で英語を教えてくれます。

親はこれで英語が話せるようになると安心します。

実際、英語はほとんど話せるようになりません・・・

この話は私自身の話です。

結局英語は話せるようになりませんでした 涙

何がいけなかったのでしょうか!?

 

一番の理由は

家で英語を使って会話をしていなかったこと・・・

 

子供は英語スクールのみ英語を使って話してきますが、お家では英語を話しません。

親が日本語しか話さないのであれば、お子さんも日本語でしか話をしないですよね。

親が率先して英語を話さないとお子さんもお家で英語は話しません。

 

一番びっくりしたのが、英語スクールへ子供を迎えに行ったときです。

英語を上手に話すお子さんがいました。

すごい英語が上手だな〜と思ってみていたら、なんとお迎えに来ていたその子のお母さんが外国人の先生と何やら英語で話しています!?

『英語話している!?』、『え!?普通なの??』と数人のお母さん方が先生と英語で会話されてました・・・ 汗

親も英語話せないといけない。

子供の英語力を左右するのは親なのでは!?

 

人間は忘れる生き物です!?

試験勉強や受験でもそうですよね。

英単語や日本史、化学などいろいろなことを覚えますが使わなくなったら、すぐに忘れます。

使い続けるのであれば、忘れません。

日本語を使い続ければ忘れませんよね。

英語も日本語と同じ言葉です。

使わなければ忘れていくのです!?

お子さんを英語教室に通わせて安心ではなく、お子さんと一緒に英語を学ぶ必要があります。

英語を話すための3つの方法!?

お子さんが英語を話すための方法として3つ考えられます。

  • 英語を話せる友達を作る!
  • お子さんの英語スクールの復習を一緒にする!
  • 親も英語スクールに通う!

英語を話せる友達を作る!

英語を話すことができる友達を作るです!

大人にも言えることですよね。

コミュニケーションをとる言葉が英語しかなければ、英語をなんとかして話をして意思疎通をすることになります。

せっかく英語スクールに行っているのであれば、英語スクールでお友達になれば英語で会話をすることもあります。

お子さん同士で英語を話す環境があればインプットとアウトプットの両方ができますよね!

 

お子さんの英語スクールを一緒に復習する!

英語スクールは英語の教材が豊富なところが増えてきています。

スクールだけで終わらないように、英語のタッチペンやDVDなど、お家でも英語に慣れ親しむように工夫がされています。

英語のタッチペンやDVDはお家学習用です。

いわゆる宿題ですよね。

宿題だからとお子さん一人に任せてしまっていませんか!?

家族でDVD をみて家族で英語を話す時間を作ってみるとお子さんも『やらされている感』がありません。

お子さん一人でさせるのではなく、親も一緒に英語スクールのDVD(教材)で学ぶことがおすすめです。

親も英語スクールに通う!?

最後は親も英語スクールに通うということです。

英語を聞き取るための必要な考え方があります。

必要な考え方とはネイティブ英語は単語ひとつひとつをはっきりと発音していないということなんです!?

お子さんは英語スクールでネイティブな発音をじかに聞いています。

でも、親はネイティブな発音は聞いていません。

むしろ、今まで学習してきた英語の知識のため、変な発音で話してしまいます。

私たち親がネイティブな発音をするためにも、今まで勉強してきた発音は一度リセットしないといけません。

発音から変えてくれる、英語スクールがあればいいですよね。

でも、スクールに通う時間はない!?

と思いますよね。

今は本当に便利になりました。

英会話スクールに行く必要もなく自宅でスマホひとつでオンラインスクールに通うことができます。

スマホひとつで発音から変えることでネイティブ英語が聞き取れるようになる!?

聞き取れるようになると話そうとし始めます。

赤ちゃんがママやパパの言葉を聞いて言葉を話し始めるようになるのと同じです。

英語を聞き取るための必要な考え方は単語をはっきり発音していない。

英語の苦手意識を克服するのは発音の仕組みを理解できたら大きく変わりますよ!

 

 

まとめ

今回は『【英語教育が変わる】子供が英語を話せるようになるには親の英語力が必要!?話すための3つの方法!?』について紹介してきました。

いかがだったでしょうか!?

英語は今もこれからも必要な言語です。

でも、日本語同じ言葉です。

自分のお子さんが赤ちゃんの時に一生懸命日本語で話しかけたことを思い出してみてください。

英語でも同じことをするためには親であるあなたが英語を聞き取れるようになっておかないといけません。

始めるには早い方がいいと思いませんか?

グローバル社会が加速する中、英語は話せないといけない状態になってきています。

義務教育で英語の授業が低学年まで下がってきているのは『英語がやっぱり必要』と言うことです。

英語を学ぶことで、お子さんと一緒に海外旅行で学んだ英語を披露するのも楽しみですよね!?

この記事があなたにとってお役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございまいた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です