楽天モバイルUN-LIMIT VIで持っているiPhoneテザリングで固定回線は不要!?注意点を解説!?

楽天モバイルUN-LIMIT VIが4月7日よりスタートします。

GB数の仕様によって、料金が違うワンプランで人気を集めています。

1GB未満の使用であればスマホの月の使用料が0円となるというすごいプランです。

しかも驚くべきは、無制限で使用しても3,278円(税込)の料金です。

無制限で3,278円(税込)ということは、持っているiPhoneをテザリング機にしてネット繋ぐことで固定回線が不要になると考えられませんか!?

今回『楽天モバイルUN-LIMIT VIで持っているiPhoneテザリングで固定回線は不要!?注意点を解説!?』について紹介していきます。

それではいってみましょう〜♪

スポンサーリンク



楽天モバイルUN-LIMIT VIで持っているiPhoneテザリングで固定回線は不要!?

初めに楽天モバイルUN-LIMIT VIでiPhoneをテザリングで固定回線は不要な理由です。

  1. ネットの無制限を3,278円で使用できる。
  2. 速度がしっかり出ている。
  3. プロバイダーが不要
  4. ルーターが不要
  5. テザリングではなくRakuten WiFi Pocketを選択する

です。

順番に紹介していきます。

①ネットの無制限を3,278円(税込)で使用できる!?

楽天モバイルUNLIMITのすごいところはネット無制限を3,278円(税込)で使用できるところです。

ネット無制限を3,278円(税込)で使用できるのは現在は楽天モバイルだけです。

ただ、20GBまでの大容量であれば『ahamo』『LINEMO』『povo』という大手キャリアからサービスが提供されます。

金額で言えば

楽天モバイル ahamo LINEMO povo
月額使用料(税込) 3,287円 2,970円 2,728円 2,728円
GB数 無制限 20GB 20GB 20GB
電話 RakutenLink

使用で無料

5分間通話無料 通常:30秒20円

オプション:

5分間無料通話500円

通常:30秒20円

オプション:

5分間無料通話500円

特徴 GB数金額変化

0〜1GB 0円

1 〜3GB 1,078円

3〜20GB 2,178円

LINEはギガノーカウント 200円で24時間無制限

楽天モバイルは使用GB数で月額使用料が変わるワンプランです。

20GBまでなら最安値ですね。

最近は通話もLINE電話のような音声通話なのでGB数が重要となりますよね。

『LINEMO』はLINEのサービス使用時はギガノーカウントです。

 

楽天モバイルは通話料も

このRakutenLinkを使えばほぼ無料です。(災害救助など一部の電話番号は通話料がかかります)

固定回線代わりに使うには20GBは使い切る可能性は十分にあります。

  • 外出先で、スマホでWebサイトの閲覧やSNS
  • お家でYouTubeやNetflixなどの動画サイトを閲覧

など、1ヶ月で20GBはあっというまに使い切ってします可能性は十分にあります。

そこで無制限の楽天モバイルは月額使用料一番高くなりますが、ahamoと比べても300円程度の違いで、高速回線を維持してストレスを回避できます。(通話料がついているので比べました)

固定回線として使用するのであればなおさら無制限は必要ですね!

しかも、20GB行かない場合は2,178円でもっとも最安値となります。

もし使わない月があれば、楽天モバイルの方がお得になりますね♪

②速度がしっかり出ている

月額使用料が安いということは、通信速度が遅いんじゃないの???となりますよね。

他にも


結構楽天モバイルは結構通信速度が出ていることがわかりますね。

 


中には速度が出ていない場合があります。

ツイッターの書き込みでは

屋内や地下など電波の届きにくい場所では繋がり悪いようですね。

2021年4月8日(木)からは3ヶ月間使用料無料です。

新規で申し込んで3ヶ月間じっくりと通信速度を確かめてみるのもいいと思います。

乗り換えてしまうと、今までの通信会社との比較ができなくなってしまうのと今使っているスマホが使えるかの問題も出てきますので新規で申し込むのが一番いいです。

3ヶ月無料キャンペーンは終了日が決まっていません。

興味がある方は試してみてくださいね。

ここがポイント

必ず対応端末の確認はしてくださいね♪

③プロバイダーが不要

楽天モバイルはスマホの電波となりますのでプロバイダーが必要ありません。

固定回線を使用するときはプロバイダー契約が必要です。

プロバイダーでネットの速度が変わったりします。

プロバイダー料金が発生します。大体1000円程度です。

厄介のなのがプロバイダーでも2年縛りがある場合があります。

プロバイダーを契約する場合はしっかりと確認しないといけませんね。

楽天モバイルでは、2年縛りなどの縛りはありません。

むしろ、合わない場合はいつでも乗り換えられることができるんです。

無駄な経費がかからないところがいいですよね♪

④ルーターが不要

テザリングなのでルーターが不要です。

お家でネット環境を作る場合は無線LANにしますよね。

無線LANにする場合はWi-Fi環境を作ることになります。

Wi-Fi環境を作る場合はルーターが必要になります。

ルーターも安いもので3,000円ほどかかります。

テザリングならルーターの購入も必要ありません。

初期投資はどうしてもかかるものです。

おさえられる経費はおさえたいですよね。

⑤テザリングではなくRakute WiFi Pocketを選択する

今までは、楽天モバイルで携帯から電波をとばしてテザリングを紹介してきましたが、電話回線はなくなりますが、Rakute WiFi Pocketでネット環境を作る方法もあります。

こちらは楽天モバイルと電波状況は全く同じです。

ただ、WiFiとして電波を出すために特化した機種となります。

WimaxなどのWiFiルーターと考えてもらえればいいです。

キャンペーン中で実質0円で機種を購入できます。

サービス内容も楽天モバイルと全く同じなので、こちらもおすすめです。

 

注意点を紹介

楽天モバイルを固定回線として使用する場合の注意点があります。

  • 楽天回線エリアであること
  • 速度制限がある
  • SIMフリーの機種であること

順番に紹介していきますね。

楽天回線エリアであること

楽天モバイルを固定回線化するための絶対条件が楽天回線エリアに住んでいることです。

楽天モバイルは高速回線が無制限とすごいのですが、楽天回線エリアだけが対象です。

楽天回線エリア以外のパートナーエリアだと高速回線は5GBしか使えません

5GBを使い切った後は1Mbpsしか速度は出ません。

これでは固定回線で1ヶ月使うことはできません。

なので、楽天回線エリアをしっかり確認してくださいね。
ただ、4月7日までは1年間無料キャンペーン中です。

スマホのテザリングでなくても、WiFi Pocketを1年間試してみるのはいかがでしょうか!?

楽天回線エリア外であれば1年以内に解約すれば無料です。

ただし、4月7日までと楽天モバイルの契約が初めての人が条件です。

ここがポイント

楽天回線エリアか確認してくださいね

速度制限がある

楽天モバイルは楽天回線エリアであれば無制限です。

が、実は速度制限があります。

1日10GB使用すると1Mbpsに速度が遅くなります。

1日10GB使うのはゲームやテレビ会議などとなります。

10GBはパソコンでYouTube(高画質)は13時間程度みることができます。

家族全員で使う場合は毎日10GB超えるかもしれません。

単身赴任などのひとり暮らしの場合は十分なほどのGB数となります。

ここがポイント

PCなどのオンラインゲーム、Web会議などは要注意

SIMフリーの機種であること

楽天モバイルは今までのドコモ回線やau回線を使用していません(パートナー回線はau)

そのため、ドコモやauなどのキャリアで購入した機種はSIMロックがかかっています。

SIMロックを解除してから出ないと使えません。

SIMロックを解除して、SIMフリーにしても特に困ることはありません。

むしろ、通信業者を変更する場合にはSIMフリーの端末の方がとても便利です。

ここがポイント

SIMロックを解除する

 

 

まとめ

今回は『楽天モバイルUN-LIMIT VIで持っているiPhoneテザリングで固定回線は不要!?注意点を解説!?』を紹介してきました。

いかがだったでしょうか♪

楽天モバイルは注意点をクリアできれば、固定回線は可能です。

固定回線は毎月かかる固定費です。

少しでも削減できれば、他に回すことができます。

家計にもやさしい楽天モバイルを使ってみるのはいかがでしょうか!?

この記事があなたにとってお役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です